ロードレースは自転車競技のひとつです

欧米諸国などでは、自転車競技は100年以上前からの古い歴史や伝統があります。自転車競技というと競輪のイメージがありますが、ロードレースは一般の公道を自転車で100㎞前後の長距離を走行するスポーツです。ロードレースは持久力や忍耐力、体力などが必要なスポーツなので、日頃から栄養学に基づいた食事を実践したり、質の良い睡眠を得るなどの工夫が必要になります。日本でも第1回のロードレースは、1980年代に実施されており30年以上の長い歴史があるのが特徴です。

自転車競技のロードレースは長距離の走行で、トップになった人が優勝になるのが特徴と言えます。基本的には個人競技になりますが、欧米諸国などではチームによる団体競技としても人気が高いです。日本でも高校生や大学生も自転車競技に関心を持っており、活躍をしたい人が増えています。一般の公道は坂道などもありますし、でこぼこした道もあるので体にも負担が大きくなります。

筋トレや有酸素運動などのトレーニングを行って、筋肉質の均整の取れたボディー作りをする努力も大切です。毎日の食事だけでは十分なたんぱく質の量を補うのは難しいので、サプリメントなどで補う必要があります。自転車競技は転倒による怪我なども付きものなので、カルシウムなどを補い骨を強化しておきましょう。体力を付けるために日頃からトレーニングをしたり、栄養価の高い食事を食べる習慣を付けて下さい。

健康な体を作ることで、スポーツで成果を出すことが出来ます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする