旭川のドクターヘリの概要

北海道は地勢的な事情から見て、地方における医療サービスを受ける機会が少ない地域になっています。
たのため、搬送方法の1つにドクターヘリが配備されており、現在、道央、道北、道東の3事業が設けられてます。

旭川 ドクターヘリについて学ぶならこのサイトは外せないでしょう。

それぞれの事業は基地病院から、概ね、半径100?圏内を運行範囲にしており、道北事業が旭川市を中心とした区域をカバーしています。


道北ドクターヘリは基地病院に旭川赤十字病院、格納庫・給油施設に関しては旭川医科大学が充てられており、別々に設けられている理由には旭川赤十字病院に敷地が無いことがあります。

出動要請は、原則として、道北圏となる上川管内・留萌管内・宗谷管内及び空知管内の一部とオホーツク管内の一部に所在する消防機関から「ドクターヘリ要請ホットライン」を通じて行われます。



ただし、基地病院が運行可能と判断をした場合には、他の消防機関からの要請にも応えることができるシステムが摂られています。ドクターヘリは、操縦士1名、整備士1名、医師1名、看護師1名の計4名で構成され、搬送患者は原則1名、患者家族に関しては1名搭乗をすることができます。



運行は、要請からヘリ運航可否の判断が行われ、可であれば現地に向かい、所要の処置を行った後に搬送先病院に患者を送り届けることになります。
道北ドクターヘリの年度別運行状況は、初年度となる平成21年度は105回運行が行われています。翌22年度には409回と大幅に増加をしており、以後、23年度608回、24年度685回、25年度744回、26年度745回、27年度574回と推移をしています。